お問い合わせ

受付:9時~18時 
休業日はこちらをご覧下さい

納税資金準備

納税資金準備とは

納税資金準備は①財産を残す側の現在保有する財産の構成を点検する、②財産を相続する側の現金預金を予め準備する、の大きく二つに分けられます。

財産構成を点検し、問題があれば財産の組み替えを行い、財産を相続する側の現金預金が少なければ、生前贈与の活用を検討します。

財産組み替えの活用例

不動産の現金化

相続税額対策の観点からは、現金預金は全く評価減されないという点ではメリットがありませんが、財産に占める不動産の割合が高く、現金預金の割合が低い場合には、相続税納税資金確保のために住まいや事業用不動産など必要不可欠な不動産以外は売却し現金化することも一つの対策となります。

生命保険の活用

少額の保険料負担で大きな保障を得られる生命保険は納税資金の準備に最適です。加えて、生命保険には相続税の計算上、非課税限度額が設けられているので、相続税額対策にも適し、生前に保険金受取人指定も可能であることから、「争族」の回避にも使えると、一石二鳥ならぬ一石三鳥の非常に優れた財産と言えるでしょう。

生前贈与の活用

生前贈与(暦年課税)の活用

暦年課税制度により早い段階から年間110万円ずつ生前贈与を行うことで、少しずつではありますが、財産を相続する側に相続税の納税資金を蓄積し、同時に、財産を残す側の財産を減らすことで将来の相続税額の軽減にもつながります。贈与の相手となる親族の数が多ければ、基礎控除の額もその分増えることになりますので、より効果を増すことができます。

相続時精算課税制度の活用(収益不動産の移転)

【具体例】

不動産オーナーである親が所有する利回りの良い賃貸不動産(土地及び建物)のうち、建物のみを相続時精算課税制度により子に贈与します。この建物を子に贈与することで、将来親の手元に入るであろう現金が子に入ることになりますので、その分、将来の相続財産を減少させることができ、かつ、将来の相続税の納税資金の準備にもなります。

また、このケースにおいて、仮に「親にかかる所得税・住民税の税率」>「子にかかる所得税・住民税の税率」である場合には、税率の低い子に不動産の収益を移転することで、親子合算した世帯全体にかかる所得税・住民税の負担額を軽減させる、という効果も得られます。

お問い合わせ

受付:9時~18時 (休業日はこちらをご覧下さい

料金について

相続用語集

事務所外観

税理士法人赤津総合会計

〒320-0857
栃木県宇都宮市鶴田
1丁目9番1号

TEL: 028-902-1321
FAX: 028-648-7470

【交通】

東武宇都宮駅から車で5分
関東バス「三の沢」バス停より
徒歩5分
作新学院高校より南進約800m

【対象地域】

栃木県内(宇都宮市・鹿沼市など)、隣接地域のお客様に対応させて頂きます。

ページトップへ