お問い合わせ

受付:9時~18時 
休業日はこちらをご覧下さい

相続対策をお考えの方へ

相続対策は、円満な相続(財産分割争いの防止)、相続税納税資金準備、相続税額の節税、の三つに大きく分けられます。

いずれのポイントについても、一朝一夕にできることではないため、早めの対策をおすすめします。
相続サポートセンターとちぎでは、相続についての基礎知識のご説明、対策の立案からその実行のお手伝いまで丁寧にサポート致します。ぜひ、ご相談下さい。

お問い合わせ

また、以下の各リンク先では、相続対策のおおまかなしくみについてご説明いたします。

三つの相続対策

相続時に起こりうる問題は、財産分割争い、相続税納税資金の不足、多額の相続税額の3つに大きく分けられます。

①財産分割争い

次のような設例を考えてみましょう。
非上場会社Aを営んでいる社長さんには息子さんが二人います。長男は事業を引き継ぐ後継者ですが、次男は経営には関与していません。相続財産はA社の株式といくばくかの現預金です。

現金は平等に分割できますが、A社株式は簡単に平等分割というわけにはいきません。次男からすれば換金性のない(なかなか売れない)株式を相続しても価値はありません。一方、長男からすれば経営に従事していない次男に株式を持たれることは望ましいことではありません。

平等に分けにくい財産が多い場合には、財産分割がまとまらない可能性が高くなります。

②相続税納税資金の不足

相続税は現金での一時納付が原則です。先祖代々受け継がれてきた土地などのようになかなか売却できない財産を相続した場合であっても、相続税は現金で納めなければなりません。

③多額の相続税額

我が国の相続税計算は遺産総額を段階的に区分し、その段階が上がるに従って税率も上がるという累進課税方式を採用しています。その最高税率は50%と非常に高い率です。(相続と相続税のしくみ 参照)

そこで、①に対しては「争族」の回避、②に対しては納税資金準備、③に対しては節税対策と、三つの相続対策が考えられます。

ご家庭や経営している会社の状況にもよりますが、何よりも優先されるのは、今の良好な家族関係を保つための①「争族」の回避であります。

①が問題ないならば、その上で、②の納税資金準備ができているかを確認し、①と②が万全ならば最後に③の節税対策を講じる、というように、相続対策の内容を細かく分解し、その中で優先順位をつけて考える事が非常に重要です。

お問い合わせ

受付:9時~18時 (休業日はこちらをご覧下さい

料金について

相続用語集

事務所外観

税理士法人赤津総合会計

〒320-0857
栃木県宇都宮市鶴田
1丁目9番1号

TEL: 028-902-1321
FAX: 028-648-7470

【交通】

東武宇都宮駅から車で5分
関東バス「三の沢」バス停より
徒歩5分
作新学院高校より南進約800m

【対象地域】

栃木県内(宇都宮市・鹿沼市など)、隣接地域のお客様に対応させて頂きます。

ページトップへ