お問い合わせ

受付:9時~18時 
休業日はこちらをご覧下さい

相続が発生した方へ

相続が発生しますと、遺産分割協議、相続税申告、保険金請求の手続き、預貯金の名義変更、不動産の名義変更など、何から手をつけたらいいのかと悩まれる事も多いかと思います。

相続サポートセンターとちぎでは、相続発生後の各種手続きについて、どの順番で何をすればよいのか、また、「すべき手続」と「する必要のない手続」の仕分けなど、丁寧にご説明致します。ぜひ、ご相談下さい。

お問い合わせ

また、以下の各リンク先では、相続発生後の手続きや相続税について、また、よくある質問をまとめておりますので、ご参照ください。

相続と相続税のしくみ

法定相続人とは

法定相続人となる人は配偶者とそれ以外の親族です。配偶者は常に相続人となりますが、それ以外の親族には順位が定められています。

第一順位は子、子が既に亡くなっている場合には孫です。
第一順位に該当する人がいない場合には、第二順位として親、親が既に亡くなっているときは祖父母等の直系尊属が相続人となります。

第二順位に該当する人もいない場合には、第三順位として兄弟姉妹、または兄弟姉妹が亡くなっているときは甥や姪が相続人となります。

相続人の範囲

法定相続分とは

法定相続分とは、各相続人が相続すべき割合として、民法で定められている割合です。

ただし、法定相続分は必ず従わなければならないものではなく、遺言で自由に財産分割を指定することができますし、相続人同士で自由に遺産分割の協議をすることもできます。

法定相続分

配偶者と子が相続人の場合
相続人 相続分
配偶者 1/2
子全員で1/2
(例)相続人が妻、長男、次男の3人の場合
相続人 相続分
配偶者 1/2
長男 1/2×1/2=1/4
次男 1/2×1/2=1/4
配偶者と親(直系尊属)が相続人である場合
相続人 相続分
配偶者 2/3
親(直系尊属) 親(直系尊属)全員で1/3
(例)相続人が妻、父、母の3人の場合
相続人 相続分
配偶者 2/3
1/3×1/2=1/6
1/3×1/2=1/6
配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
相続人 相続分
配偶者 3/4
兄弟姉妹 兄弟姉妹全員で1/4
(例)相続人が妻、兄、弟、妹の4人の場合
相続人 相続分
配偶者 3/4
1/4×1/3=1/12
1/4×1/3=1/12
1/4×1/3=1/12

相続税のしくみ

相続税の計算方法を簡略化しますと次のようになります。

Ⅰ 相続財産-引き継いだ債務=課税価格

Ⅱ 課税価格-基礎控除額=課税遺産総額

(例)相続人が妻、長男の2人の場合

基礎控除額 3,000万円+600万円×2人=4,200万円

Ⅲ 課税遺産総額×相続税率=相続税の総額

課税遺産総額を各相続人が法定相続分に従って取得したものと仮定し、その法定相続分に相続税率をかけ、その金額を合計して相続税の総額を計算します。

税額の計算は次の速算表を用います。

相続税速算表
法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

Ⅳ 相続税の総額×(各相続人が取得した財産÷全相続財産)
=各相続人が負担する相続税額

Ⅲで計算した相続税の総額を、各相続人が実際に取得した相続財産の割合で配分して、各相続人が負担する相続税額を計算します。

相続税の計算例
1. 相続人 妻、長男、長女の3人
2. 相続分 妻=1/2 長男=1/4 長女=1/4
3. 基礎控除額 3,000万円+600万円×3人(法定相続人の数)=4,800万円
4. 相続時点での財産 1億5,000万円
相続人 取得する財産の価額
8,960万円
長男 4,760万円
長女 1,280万円
5. 相続時点での債務 3,000万円
相続人 引き継ぐ債務の価額
0円
長男 2,200万円
長女 0円
課税価格 (財産合計)1億5,000万円-(債務合計)2,200万円=1億2,800万円
課税遺産総額 (課税価格)1億2,800万円-(基礎控除額)4,800万円
=8,000万円
相続税の総額
妻の相続分

(課税遺産増額)8,000万円×1/2(相続分)=4,000万円

4,000万円×20%-200万円=600万円

長男の相続分

(課税遺産総額)8,000万円×1/4=2,000万円

2,000万円×15%-50万円=250万円

長女の相続分

(課税遺産総額)8,000万円×1/4=2,000万円

2,000万円×15%-50万円=250万円

相続税の総額

①+②+③=1,100万円

各相続人が負担する相続税額
1,100万円×8,960万円【財産】)-0円【債務】)
÷1億2,800万円(課税価格)=770万円
長男 1,100万円×(4,760万円【財産】-2,200万円【債務】)
÷1億2,800万円(課税価格)=220万円
長女 1,100万円×(1,280万円【財産】-0円【債務】)
÷1億2,800万円(課税価格)=110万円

お問い合わせ

受付:9時~18時 (休業日はこちらをご覧下さい

料金について

相続用語集

事務所外観

税理士法人赤津総合会計

〒320-0857
栃木県宇都宮市鶴田
1丁目9番1号

TEL: 028-902-1321
FAX: 028-648-7470

【交通】

東武宇都宮駅から車で5分
関東バス「三の沢」バス停より
徒歩5分
作新学院高校より南進約800m

【対象地域】

栃木県内(宇都宮市・鹿沼市など)、隣接地域のお客様に対応させて頂きます。

ページトップへ