お問い合わせ

受付:9時~18時 
休業日はこちらをご覧下さい

よくある質問

事業承継に早期に取り組むことの重要性

事業承継の重要性はよく分かっているつもりですが、いつ頃から事業承継に取りかかればよいのでしょうか?

現経営者・後継者の年齢、経験にもよりますが、早めに取りかかるに越したことはありません。

事業承継がいつまでも進まず、後継者に自覚が芽生えないまま時が過ぎてしまうことになってもいけませんので、やはり、後継者の「事業承継適齢期」である30~40代くらいにバトンタッチできるよう、スケジュールを立てておく必要があります。

事業承継には、今まで述べてきた「争族の回避」、「納税資金準備」、「節税対策」の他にも、技術やノウハウ・人脈の承継、社内の人事体制を後継者に合うように再構築することなど、やるべきことは多岐に渡りますので、税理士、社会保険労務士など専門家に相談しながら、「この年までにはここまでは終わらせる」という長期的な計画を立てるとよいでしょう。

現経営者からすると後継者はどうしても頼りなく思えてしまい、「まだ早いんじゃないか」と不安かもしれませんが、後継者に自覚を持たせるためにも、早めにしかるべきポジションを経験させることも事業承継のポイントです。

お問い合わせ

受付:9時~18時 (休業日はこちらをご覧下さい

料金について

相続用語集

事務所外観

税理士法人赤津総合会計

〒320-0857
栃木県宇都宮市鶴田
1丁目9番1号

TEL: 028-902-1321
FAX: 028-648-7470

【交通】

東武宇都宮駅から車で5分
関東バス「三の沢」バス停より
徒歩5分
作新学院高校より南進約800m

【対象地域】

栃木県内(宇都宮市・鹿沼市など)、隣接地域のお客様に対応させて頂きます。

ページトップへ